子どもの 野菜嫌い 克服で成長に良い影響が! 子供用サプリでお手伝い

2017年9月19日

子どもの 野菜嫌い 克服で成長に良い影響が! 子供用サプリでお手伝い出来ます。
まず野菜の持つ豊かな栄養について考えてみましょう。野菜嫌いを克服させるにはどうしたら良いかも見えてくるでしょう。

kirai

お肉は大好きだけど、野菜は嫌い、苦手といったお子さんも増えてますね。

大地からの恵みである野菜を美味しく食べれないのは残念なだけではなく、お子さんの成長にも悪影響が出てしまいかねません。

子供の成長、特に骨や歯の成長に欠かせないのはカルシウムですが、カルシウムが十分足りていても、ビタミンDが足りないと成長不良が起こってしまうのです。

その他のビタミンも体を作っていく上でなくてはならない栄養です。

是非、野菜嫌いを克服して、ぐんと成長に弾みをつけてほしい。時間はかかるかもしれませんが、焦らず、野菜大好きなお子さんが増えてくれると嬉しいです。

野菜の栄養って、何? 何を食べさせれば、成長にいいの?

  • ビタミンA βカロチンとも言われ、視神経や粘膜や皮膚を強くして、免疫力を高めてくれる。
    例☆ほうれん草・人参・かぼちゃなど。
  • ビタミンB群(B1・B2・B5・B6) 体の代謝アップ。筋肉・骨・皮膚・血管を作る。
    例☆納豆・大豆・インゲン豆・エンドウ豆などの豆。
  • ビタミンC 細胞の成長や免疫力強化。病気の予防。
    例☆パプリカ・パセリ。ゴーヤ・キャベツ・みかん・柚子・レモンなど。
  • ビタミンD 骨と歯の成長を助ける。
    例☆干しシイタケ・きくらげなどの乾物。
  • ビタミンE 血液や血管の発達。活性酸素の除去。EとCは一緒に摂るのが理想的。
    例☆カボチャ・アスパラガス・アボガドなど。

    どれも成長を促し、体を作り、免疫力も高めてくれる栄養素たっぷりですね。
    また、ビタミンだけでなく、鉄分・カリウム・マグネシウム・亜鉛・マンガン・カルシウムなどの必須ミネラルも野菜に含まれています。

野菜嫌い を克服させるは、どうすればいいの?

yasaiippai

なんだか反対に感じるかも知れませんが、克服と大げさに構えないで、野菜を好きになってもらおうと考えた方が良い結果が得られるでしょう。

子どもの頃に、嫌いな食べ物を無理やり食べさせられたという強制された記憶って、大人になってもトラウマになって残っていて、食べたくない。。。って人は結構います。

 

 

1.楽しい食育を心掛けましょう。

笑顔いっぱいの楽しい雰囲気の中で食べたものは、子供にとって美味しかった記憶として残り、好きな食べ物と認識されます。

大人になっても、お母さんが作ってくれた子どもの頃大好きだった料理を思い出す時、きっとそこには「おいしい」という子供の笑顔とそれを喜んでいるお母さんの笑顔があった筈です。

たくさん食べさせようと思わないで、ほんの少しでも食べられたら、いっぱいほめてあげるだけで、子どもの中の成功体験につながっていきます。

2.野菜嫌い 長い目で見て 味覚は変わります。

 

lemon

舌には、味蕾(みらい)という味を感じるセンサーがあります。

味蕾は子供時代に発達して、その数が多いほど味覚を強く感じますが、子供の方が大人よりも多く、年を取るにつれて減っていきます。

子どもの方が味に敏感なことが、好き嫌いが多くなる原因の一つです。

5つの基本味の中で、甘味・塩味・うま味は、本能的に好きな味ですが、苦味・酸味は経験的に好きになっていく味です。

味覚はいずれ変わると信じて、ゆっくり待つことも大事ですね。野菜嫌い も長い目で見ていくことで、親の方にも余裕が生まれると思います。

見た目や匂いから食べず嫌いになっている場合も、勇気を出して食べてみたら美味しかったという経験を増やしていくことで、変わっていくでしょう。

3.野菜不足からの栄養不足をサポートしながら

ゆっくりと子供の野菜嫌いや偏食と向き合っていく心の余裕を持つために、子ども用サプリメントで足りない分はサポートしていくのはどうでしょう?

楽しい食育を頑張りながら、足りない分は無理に食べさせるのではなく、子供用サプリメントで補強出来れば良いですよね。

子ども用サプリの中でも、せのびーるはカルシウムとビタミンDに加えて、たくさんのビタミンとアミノ酸が配合されています。

子どもの野菜嫌いを克服しようとする時、食べる楽しさを見つけていく途中のサポートをしっかりしてくれると思います。

500円モニターはコチラから