楽しい夏を夏バテせずに乗り切る 夏バテ撃退法 危険な熱中症との違いとは何かを、子供たちの夏休みの思い出を楽しいものにしてあげるためにも押さえておきたいポイントですね。

私も娘が幼稚園の時、お友達のご家族に大きなプールに連れていってもらったことがあるのですが、帰ってきた娘がなんだかグッタリしてしまって、食欲がまったく無くなったことがありました。まさかプールで熱中症は無いのではと思ったのですが、あとから考えると夏バテの症状が出てしまっていたように思います。

最近の暑さは、本当に「ハンパない」ですね。夏は涼しいと言われていた北海道でも、30度を超える日が出てくるようになりました。これからの本格的な夏に向けて、暑さにヤラれてしまう「夏バテ」する人も増えるでしょう。特に、長い夏休みに入る子供たちが、楽しい夏を過ごせるように、夏バテを乗り切る撃退法にはどんなものがあるのでしょうか?

自己防衛力を高めてくれるサプリ せのびーる はコチラ↓

せのびーる公式へ

子供が夏バテせずに乗り切る 夏バテ撃退法 危険な熱中症との違い

大人はちょっとバテたり、いつもより食欲が無かったりすると「夏バテかな~?」とわかりますが、たいていの子供は無自覚です。ただ、家でグターっとしてたり、やる気がない様子なだけのこともありますし、微熱や嘔吐など体にきてしまうこともあります。子供の夏バテの症状を正しく理解して、撃退してあげ、元気に夏を乗り切ってほしいですよね。また、ただの夏バテと思っていたら、熱中症になっていたなんてこともあります。
夏バテと危険な熱中症の違い、境目はどこにあるのでしょう?

1.夏バテの主な症状とは

子供の内は体力が十分ではありません。大人以上にダメージが大きい場合もあるので、子供の健康状態を常にチェックしておくことも必要ですね。
なんとなくダルそうだったり、食欲があまり無いなと感じた時、夏バテの症状と照らし合わせてみてください。

<夏バテ主な症状>
体がダルそうにしている
何事にもやる気がなさそうにしている 疲れやすく、すぐバテてしまう
ちょっとのことでイライラしている(不機嫌)
食欲不振だ
立ちくらみ・めまい
下痢気味、あるいは便秘気味
熱っぽい(微熱がある)
頭が痛い 吐き気や嘔吐があった

子供がただダラダラしていたり、機嫌が悪かったり、体調が悪そうな場合は、夏バテの可能性があります。
夏バテは病気という訳ではないし、熱中症ほど深刻ではないからと軽視しないでください。夏バテで体調が悪いまま出かけたりすると熱中症という病気になる危険も高まります。

2.夏バテになる3つの原因とは

日本の夏は高温多湿でジメジメと暑い上に、昔と違って「猛暑」と呼ばれるようになりました。地球温暖化や日本の亜熱帯化やヒートアイランド現象など様々な理由が挙げられていますが、ゲリラ豪雨や竜巻なども頻繁に起こっていますね。また、電化製品、特にエアコンなどの普及によって、冷えた環境から外の暑い環境に急に移動することで、環境の変化に対応しきれないという説もあります。

夏バテには、主に3つの原因があり、それらが複合的に作用することもあります。

体温調節機能を司る自律神経の乱れ
水分不足・ミネラルのバランスの崩れ
消化機能の低下

もちろん、一番の原因は暑さによって体温調節が出来なくなったことなのですが、それによって体に様々な影響が出て、体調を崩す元になっています。

<体温調節機能と自律視神経>

私たち哺乳類は、周囲の温度に関係なく、体温を一定に保つことで生命活動を維持している「恒温動物」です。36.89度が平均体温で1度以内の変動はありますが、ほぼ一定に維持させようとする機能が脳に備わっています。
暑い時は、暑くて体温が上がりそうと脳にある視床下部に神経を通って伝達が行くと、視床下部はその情報を処理して、汗をたくさんかいて皮膚から熱を逃がす「放熱」をするように指令を出します。寒い時はその反対に、皮膚の血管を細くして、筋肉を震わせて熱を作り出す「産出」をするように指令を出すのです。
エアコンに例えると、冷房にするか暖房にするかを決めているリモコンのような中心的な役割を果たしているのが視床下部で、自律神経の中心的な司令官と言えます。
ところが、猛暑などで体温が急激に上昇したりすると、体温調節機能が即座に対応しきれず、自律神経に乱れを生じてしまうのです。特に、子供は大人と比べると体温調節機能がまだ未熟で、汗をたくさんかいているのに放熱がうまく出来なかったりします。

<水分不足・ミネラルバランスの崩れ>

暑くなるとかき氷やアイス、冷たい飲み物が美味しく感じますし、子供も大好きですよね。
汗を出すために水分が夏はたくさん必要ですが、しっかり水分を補給しておく必要があります。ただ、注意点として、水分だけをとっていてもダメということです。
冷たいものを食べたり、飲んだりしているから大丈夫ではなく、血液や汗の中には塩分(ナトリウム)も含まれているので、塩分の摂取も忘れてはいけません。
もし、水分だけを補給しても、塩分が足りなくなってしまうとミネラルバランスが崩れて、体調を崩す元になってしまうのです。

<消化機能の低下>

暑さに対抗するために「放熱」が行われますが、血液がそのために皮膚表面に移動してしまうので、胃や腸などの消化器官に回る血液量が減ることになり、胃や腸の運動が抑制されて、消化機能が弱まることになります。体内の血液量は一定なので、外側にいっぱい使われれば、内側は減少することになります。放熱が優先されるので、食欲の低下や消化不良によって下痢などの症状になることもあるわけです。
また、食欲不振から栄養が十分に摂れないと、エネルギー不足に陥り、体温調節が上手く出来なくなったり、疲労物質を除去できないことで疲労がたまり、夏バテが進行する悪循環にもなります。

汗をかくことは体温調節にとって重要ですが、体内の塩分も出てしまうので、胃酸も少なくなります。胃の機能が低下してる時に、冷た食べ物や飲み物だけを摂るのは、更に胃を疲れさせることになってしまいます。

3.子供が夏バテせずに乗り切る 夏バテ撃退法

暑さと同時に園児や学校に通っている子供たちは、長い夏休みがあります。長い休みは、普段と違う生活パターンになってしまって上手く適応できずに、体調を崩してしまう場合もあるでしょう。
長い休み中でも、しっかりと生活パターンを守るようにすることも子供の夏バテ対策に効果的です。

<5つの夏バテ撃退法>
早起きする
睡眠のゴールデンタイムを守って、十分な睡眠時間を確保する
栄養補給をしっかりする
水分と塩分補給に気をつける
エアコンなど室内の温度調節を適温にする

○早起きする

朝早く起きて朝日を浴びたり、まだ暑さがしのげる時間に活動するのは、毎日のリズムを作るのにも良いです。環境の激変に子供は弱いので、早起きというリズムを作っていくことで、気温が上がっていく日中に向けて少しでも緩やかに体を慣らしていく準備期間にもなるでしょう。

○睡眠のゴールデンタイムを守って、十分な睡眠時間を確保する

子供の成長にとって午後10時から午前2時までの間は、成長のゴールデンタイムとも言われています。それは、子供がレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す眠りの中で、一日の内で最も成長ホルモンが分泌される時間だからです。成長期の子供の骨や筋肉の成長、神経や脳の発達にとっても大事な時間に副交感神経がリラックスして、十分に眠れていれば、翌日に疲れを残すこともなく体も休ませることが出来ます。

もし、暑くてよく眠れなかったとしたら、お昼寝などでインターバルをとってあげるのも良い方法ですが、お昼寝の時間が長すぎても、夜眠れなくなってしまうので、ちょっと注意が必要ですね。

○栄養補給をしっかりする

暑くなると、どうしても冷たいものを食べたり飲んだりしたくなります。食事も重いものより、冷えていてヘルシーな軽いものを好みがちです。冷たいソーメンやソバ、ところてん、冷汁をかけたご飯、冷えたスイカ、アイス、氷の入った飲み物にどうしても手が伸びてしまいますよね。
確かにサッパリしていて美味しいのですが、冷たいものを摂りすぎるのはNGです。

暑さで消化機能が低下しているところに、体内に直接冷たいものを入れると、内臓が急激に冷やされることになり、更に消化機能を低下させてしまいます。食欲が無いからと、冷たいさっぱりした食べ物ばかり摂取するのは、夏バテを進行させているのです。
温かく、栄養のバランスの取れた食事に、ちょっとサッパリしたモノも組み込むというような工夫もしましょう。また、ビタミンとミネラルを少し多めに食べてもらうのも夏バテには効果的です。

足りない栄養を補ってくれるせのびーる情報はコチラから→せのびーる情報へ せのびーる情報へ

○水分と塩分補給に気をつける

夏バテ対策で一番気をつけたいのは、何といっても水分補給です。
体温が上がりすぎないように汗をかくことは書きましたが、そのために失われた水分を補給する必要が出てきます。「のどが渇いた」と感じた時点で、脱水症状が始まっていると考えてください。子供はなかなか自分の体調を正確に話してはくれない時もあります。
スポーツを始める前やお出かけをする前に、まずコップ1杯分くらいの水分をとらせてあげたいですね。

一度にたくさん飲むよりもこまめに水分補給することも大切です。のどが渇く前、かゆいところに先に手が届くようなイメージでペース配分しながら、水分を摂らせてください。
一気に飲むのは胃に負担がかかることもあり、食欲減退につながってしまいます。

汗をかくと水分だけでなく、塩分(電解質)も一緒に放出されるので、塩分補給も同時に出来る飲み物がベストです。
経口補水液という名前も最近は一般的になってきましたが、家庭でも簡単に作れるものなので、携帯用の水筒に持たせるのも良いでしょう。

<簡単な経口補水液の作り方>
お砂糖  大さじ1~2
お塩   小さじ4分の1
水    500ミリリットル
レモン汁 大さじ2

お砂糖の代わりに、はちみつを入れても良く、子供は喜ぶのでは無いでしょうか。

水分とミネラルと糖質が同時に摂れるスポーツドリンクは夏バテにも適していますが、一口にスポーツドリンクといっても、アイソトニックとハイポトニックの2種類があります。
アイソトニック飲料は、人の体液の濃度と同じで「等張性」のもので、水分と糖分が吸収されやすくなっています。一方、ハイポトニックは体液よりも薄めに作られた「低張性」のもので、大量に汗をかいて浸透圧が下がっている時には、素早く、効率的に吸収できるという違いがあります。
上手な使い分け方としては、アイソトニック飲料は運動などの前、ハイポトニック飲料は運動後や脱水症状が心配な時などに適しています。購入時にラベルをチェックしておきたいですね。

○エアコンなど室内の温度調節を適温にする

家に中にいたのに熱中症になったという話も多いですよね。外に出ていないから夏バテにはならないと安心せずに、普段の生活の中で予防や対策をしておきましょう。
室内で気をつけたいのは、冷房の冷やしすぎです。冷房の効きすぎた室内から急に暑い外に出たりすると自律神経の乱れが生じてしまいます。長時間冷房の効きすぎた室内で過ごすと、寒さから胃腸不良などの体調不良を起こす冷房病になって、夏バテの引き金になったりもします。

また、温度だけでなく湿度も重要です。日本は暑くなる梅雨から夏にかけてジメジメしていますよね。ジメジメしている=湿度が高い状態なのです。
湿度で不快に感じ始めるのは70度くらいからなので、快適な45~65度くらいに保っておきましょう。風通しをよくする、エアコンの除湿機能を使ったり、除湿器なども上手に利用していきたいですね。

4.夏バテと危険な熱中症の違い

夏バテと熱中症はどう違うのでしょう? 夏バテと熱中症には関係があるのでしょうか?

言葉通り、夏バテはバテている状態で、病気という訳ではありません。暑さからの自律神経の乱れによって体調不良を起こしたり、体や心が疲れてやる気が出ないなどの症状があります。夏バテは長引くこともあり、少し重症化すると、下痢や嘔吐、微熱などの症状が現れます。

これに対して、熱中症は明確な病気であり、暑さにより体温調節が困難になったことで、突然発症するものです。速やかに対処する必要があり、重症化した場合は死亡することもあります。
ただ、予防や対策としては、夏バテの撃退法とほぼ同じといってよいでしょう。
もし熱中症になってしまったら、応急処置をしっかりして、必要と判断したら、医療機関に行ったり、救急車を呼ぶなどしてください。
熱中症は重度(病気の重さ)によって分けられ、4つの種類があります。

熱失神       めまい・一瞬失神する・顔が青い
熱疲労       頭痛・吐き気・嘔吐(おうと)・全身の倦怠感・集中力や判断力の低下
熱痙攣(けいれん) 手足がつる・筋肉痛・筋肉の痙攣(けいれん)
熱射病(日射病)  高体温・意識障害・言動がおかしくなる・ふらつき・呼びかけや刺激に無反応

私たちがイメージする熱中症は、いわゆる熱射病(日射病)で、一番危険な状態です。

もし子供が熱中症になった時は、適切な応急処置を施すことで、症状が重症化するのを少しでも防ぐことができます。

<熱中症の応急処置とは>
意識があるか、無いかを確認し、無い場合はすぐに救急車を呼ぶ
 ↓
現場で出来る処置を施す
 涼しい場所への移動  体を冷やす  水分と塩分の補給
 ↓ 症状が回復  軽度だった場合は、十分な休息と安静をとる
 症状が回復しない場合は、適切な医療処置を受ける

応急処置として、涼しい場所に移動させ、熱を放熱できるようにボタンや衣服をゆるめてあげましょう。次に、冷たいタオルや保冷材で首と脇の下と太ももの付け根を冷やします。意識があって自力で水分を飲めるようなら、水分と塩分(電解質)の補給になるものを飲ませてください。意識が無い場合は、器官に入ってしまうと危険なので、避けてください。

5.子供の夏バテ予防にサプリも有効

夏バテ撃退法

子供は大人に比べて、新陳代謝が活発で、体温が高く、汗腺が未発達です。
また、大人と子供では身長の差から地上からの温度に差があります。たとえば温度が30度以上ある時、大人はそのまま30度と感じていても、身長の低い子供は地上に近い分、3度以上高い温度の中にいます。ベビーカーに乗っている乳幼児も当てはまります。

とは言っても、ずっとお家の中だけにこもっていては、つまらない夏になってしまいます。暑さに慣れることや暑さに負けないような体力をつけることで、夏バテにならず元気に夏を過ごせるようになります。
夏バテ撃退法としての早起きや睡眠時間を十分にとる、栄養をしっかり摂ることは、子供の成長にも良い影響を与えることばかりです。夏バテであまり食欲がない時などにも有効な足りない栄養を補ってくれるサプリ せのびーる は毎日2粒手軽に食べるだけなので、撃退法に入れてもとても良いかもしれません。 せのびーるは子供の中にある自己防衛力をしっかり引き出してくれて、夏バテに負けない元気な体を作ってくれるでしょう。

 せのびーるの詳しい情報はコチラから↓

せのびーる公式
 
サイトTOP戻る サイトTOP戻る