せのびーる に新しい味が増えた! 新発売の ぶどう味 で一味違う成長を

2018年5月18日

せのびーると言えば、ココア味が定番だったのですが、この春せのびーるに新しい味が増えた!のです。新発売の「おいしいぶどう味」で一味違う成長をする子供たちのキラキラの笑顔が見らるかもしれませんね。

ココア味のせのびーるは、子供たちに、特に長男には大好評でした。というか、今も続けて飲んで(食べて)いるのですが、中学に入った時は私と同じくらいだった長男の身長は、グングン伸びて、私を見下ろすようになりました。ところが、小学校高学年になる長女の方は、実は牛乳が苦手で、ココア味のせのびーるは、ミルクっぽさはあまりないので、大丈夫でしたが、あまり進んでという感じではなく、たまにサボってたりしました。
だから差が出たという訳では無いかも知れませんが、この冬に長男は全く病気知らずだったのですが、長女は2回もインフルエンザにかかってしまいました。
やっぱり免疫力を高めるためにも、長女がこれからも自主的に続けてほしいと思っていたところに、ブドウ味が新発売になるという嬉しいお知らせが! これには長女もかなり興味を持ったようです。

そこで、子供の身長を伸ばす成長サプリメントとして人気も評価も高いせのびーるですが、どんな栄養がそろっているのか、期待できる効果は何か、身長って本当に伸びるのか、ブドウ味とココア味との違いは何かなど、改めてキッチリ見直してみたいと思います。

もっと せのびーる について知りたいなら、コチラ→せのびーる情報へ せのびーる情報へ

せのびーる に新しい味が増えた! 新発売の ぶどう味 で一味違う成長を

<せのびーるのココア味とぶどう味の違いとは>
1.せのびーるの栄養が優れている訳とは?
2.せのびーるはどんな効果がある? 身長が伸びるは本当?
3.ココア味とぶどう味はどう違う?

子供の成長を応援して、しっかりサポートしてくれるせのびーるには、なんと16種類もの栄養がふんだんに盛り込まれています。

1.せのびーるの栄養が優れている訳とは?

子供が成長していくのに、絶対必要なモノと言えば、ズバリ栄養です。成長期の子供たちは、筋肉など体を作り、骨を伸ばし、神経や脳を発達させるために、大人以上にしっかり栄養を摂らなければいけません。
また、体を動かすためのエネルギーは、3大栄養素とも呼ばれるたんぱく質・脂質・炭水化物が元になっています。

<子供が一日に必要なエネルギー(キロカロリー  kcal)>

年齢 男子(kcal/日) 女子(kcal/日)
3~5歳 1,300 1,250
8~9歳 1,850 1,700
12歳~14歳 2,600 2,400

※参考資料:日本人の食事摂取基準(厚生労働省/2015年度版より抜粋)

幼児・小学生・中学生くらいを抜粋してみましたが、普通の活動をしているレベルでの基準値で、スポーツなど激しい活動をすると更にアップするでしょう。

体を作るための栄養と生きるためのエネルギーを作る栄養を子供時代にしっかり摂っておく必要があります。3大栄養素以外にも、骨を作るカルシウムなどのミネラル、たんぱく質を合成して皮膚や内臓を作るアミノ酸、3大栄養素の働きを助けるビタミンもたくさんの種類があり、それらをバランスよく摂取することが子供の成長には欠かせません。

せのびーるの栄養成分は、カルシムや鉄などのミネラル4種類、ビタミンDやB群などのビタミン7種類、アルギニンなどのアミノ酸が4種類、更に、免疫力をアップ出来る米ぬか多糖体という特許成分も加わっています。
まるで具だくさんのカレーや冬のお鍋のように、たっぷり16種類もあって、毎日の食事でも足りないかもと思える栄養を補給して、ガッチリとサポートしてくれます。

せのびーる公式

2.せのびーるはどんな効果がある? 身長が伸びるは本当?

実を言うと、私も子供の身長が伸びることを期待してせのびーるを始めました。長男は中学に入ったばかりの頃は、伸び悩んでいた感じだったからです。もちろん、成長期のピークになれば、伸びるはずと思ってはいましたが、何もしないでいいのかなと心配もありました。

実際のせのびーる体験談はコチラ→関連記事へ 関連記事へ

子供の成長が個人差があるように、効果がいつ出るのかも個人差はあると思いますが、途中で止めてしまっては効果があったのか無かったのかはわからないですよね。まずは続けてみることが大事かなと思います。

「もしかしてこれも、せのびーるの効果なのかな?」と最初に感じたのは、身長よりも体が丈夫になって来たことでした。兄妹ともちょっと偏食気味で、食べてくれない野菜があったり、好き嫌いが多かったせいもあってか、すぐ熱を出したり、せっかくの夏休みに夏バテで出かける計画が立ち切れたなんてことも多かったのです。
風邪をひかなかった、夜起きずにぐっすり眠るようになった、ご飯をいっぱい食べるようになった、夏バテしないで遊べるようになった、そういう子供たちに感じた小さな変化の積み重ねが、せのびーるの効果が出て来たのかもと思えたのです。

大人以上に必要なカルシウムは、カルシウム単体では吸収率が悪く、ビタミンDと一緒に摂ることで吸収率がアップします。しかし、どんなに頑張っても一日分としてどうしても足りていないことが多いのです。
そこで、せのびーるは足りない分を補う形で「カルシウム39%とビタミンD40%」を配合しているので、栄養不足になっているかもというお母さんの心配も取り除いてくれます。

また、元気の土台となる免疫力アップの栄養素 RBS 米ぬか多糖体が他の栄養素と協力して、ホルモンの分泌を助けて、子供たちの自分を守る力をパワーアップしてくれています。
一番多く成長ホルモンが分泌されるという睡眠の質も良くなるので、免疫細胞も子供たちを守るために大活躍出来るようになるのです。

子供の成長は楽しみですが、病気や怪我をしないで毎日元気に楽しく過ごしてくれるのが一番ですよね。せのびーるの効果は、子供たちの元気の応援するサプリメントととして、実感できるかもしれません。
身長が伸びることは、元気な成長の中のひとつで、毎日頑張っている子供たちのご褒美、頑張った証として自然に得られる大きな効果なのでは無いでしょうか。

3.ココア味とぶどう味はどう違う?

せのびーるのココア味は、一日タブレット2個を好きな時に、飲んだり食べたり出来ます。形状がタブレットで美味しいココア味なので、子供たちはサプリという感覚ではなく、毎日食べられるお菓子感覚でいるので、ストレスなく続けて来れたように思います。ウチの子供たちは、飲むより、食べるのが好きでした。

ポリポリ食べれるせのびーるの味は、コチラの記事で書いています→関連記事へ 関連記事へ

私も試しに何度か食べてみたことがありますが、牛乳嫌いの長女でも大丈夫な味だと思いました。

新発売のぶどう味も気になりますが、ココア味とはどう違うのでしょうか?
ブドウ味もタブレットですが、ぶどうだけに房が分かれて、小粒になっています。ココア味は一日2粒が目安ですが、ぶどう味は6粒が目安です。粒が小さくなって、子供はより食べやすくなった のではと思います。

RBS米ぬか多糖体・カルシウム・ビタミンDなどの栄養は、どちらもたっぷり入っているので、子供にどっちが好きかで選んでもらうのも良いでしょうし、ココア味とぶどう味で日替わりメニューにするのも楽しいかも知れませんね。

ちょっと違うのは、ぶどう味は定期購入のみですが、初回半額で、2回目以降も30%オフでずっと続けられるので、おいしいブドウ味で長く続けて、子供の成長をしっかり見守ることが出来るのでは無いでしょうか。

私は長女にはブドウ味をプッシュしてみようかなと思っています。長男と二つの味を交換できるので、飽きずに楽しく続けてくれそうです。

せのびーるブドウ味の購入は、コチラから↓

サイトTOP戻る サイトTOP戻る