全日本4連覇達成の 松島輝空 君が卓球で世界を目指すためのサプリのヒミツ

全日本4連覇達成の 松島輝空 君が卓球で世界を目指すためのサプリのヒミツを探ってみましょう。松島輝空(そら)君は、まだ10歳ですが先月末(2017年7月)に行われた全農杯平成29年度全日本選手権カブの部で、見事に優勝し、バンビの部の頃からと合わせて4連覇を達成しました。

松島輝空君は、弟の翔空(とあ)君と共に男子ホープスナショナルチームの選手で、その上のクラス男子ジュニアナショナルチームの候補にも選ばれています。そら君の活躍は日本国内にとどまらず、次世代のエース候補として、世界を視野に入れて、どんどん伸びていく今大注目株の卓球少年なのです。輝空君の目標がもちろんオリンピックで金をとることなのは言うまでもありませんね。

その輝空君が、卓球で世界を目指すためのサプリとして毎日使っているのが、せのびーる です。輝空君だけでなく下の兄妹もいっしょに使えるサプリのヒミツを知ったら、子供成長サプリとしての優れたポイントが見えてきます。

せのびーるの詳しい情報を知ろう→せのびーる情報へ せのびーる情報へ

全日本4連覇達成の 松島輝空 君が卓球で世界を目指すためのサプリのヒミツ

卓球に詳しくない人にとっては、バンビとかカブと言われても何のことかわかりませんよね。バンビというのは「小鹿のバンビ」がいるくらいだから小さくて可愛いという事だろうなと想像出来るのですが、実はこれらの言葉は、日本卓球協会が開催している硬式卓球の種目の名称です。

ジュニア 高校2年生以下
カデット 中学2年生以下
ホープス 小学6年生以下
カブ   小学4年生以下
バンビ  小学2年生以下

「以下」となっているところが注目点です。どの種目も下の年齢には制限がありません。今の輝空君のように小さい時から天才卓球少女としてテレビにも出演していたオリンピックメダリストの福原愛さんは、小学校3年生でカデットで優勝しています。
ちなみにですが、聞きなれないカブは「肉食獣の子供」ホープスは文字通り「希望」、カデットは「見習い生」の意味から名付けられたようです。

また、同じホープスの名称で、小学生の団体戦の硬式卓球大会があります。今月(8月半ば)に東京体育館で行われた第35回全国ホープス卓球大会で、そら君も参加して、お父さんの卓司(たかし)さんとお母さんの由美さんがコーチをしている田阪卓研が男子団体で見事に優勝したことも話題になりました。

トップアスリートを手厚くサポートすることでも定評のある木下グループの所属になって、これからますます世界に羽ばたいていくであろう松島輝空君の強さのヒミツから、どんな風に子育てをすれば子供を伸ばせるかのヒントを見つけていきましょう。

1.卓球一家松島ファミリーのヒミツ

松島輝空君は、6人家族です。お父さんとお母さん、長男が輝空君、下に弟の翔空(とあ)君、妹の美空(みく)ちゃんと愛空(あいら)ちゃんがいます。子供たちはみんな「空」の字が名前に使われているところからも、夢を追いかけてほしいという願いみたいなものが感じられますね。

テレビなどで見た印象では、普段は明るさが溢れた仲良し家族ですが、お父さんの卓司さんもお母さんの由美さんも、日本リーグや全日本実業団での優勝経験もある一流の卓球選手でした。二人ともコーチもされているので、子供たちも本当に小さい頃から卓球が生活の中に自然に入っていて、一番下の愛空ちゃんも2歳でしっかりラケットを握っていたと言います。
輝空君も小学校が終わると帰るのは、卓球教室にでした。といっても、田阪卓研は、お母さんのご両親が経営されているので、祖父母のお家に行くみたいな感覚かも知れないですね。
そこで、まず宿題をして、弟妹といっしょにお昼寝をちゃんとしてから、夕方からの練習に備えます。
お父さんの他に、中国の有名なコーチ孫雪さんからも、厳しい指導を受けていて、時には泣きそうになるのをグッと耐えている姿もありました。

夜10時まで練習をした後、やっとお家でお風呂とご飯になるのですが、その間も家でも出来る練習を工夫して、そら君は続けていました。そして、やっと0時に眠りにつくという傍から見ると、かなりハードな一日をずっと送っています。

家族が団結して、一丸になって頑張ってるのは本当に凄いなと思いました。子供がこれがしたいという明確な目標が出来た時に、親や家族がどう応援して、協力していけばいいかの見本になると思います。全部はマネできなくても、真っすぐに進ませてあげるための道筋を作ってあげたいのは、皆同じだと思います。

2.お父さんとお母さんの子育て論のヒミツ

7月10日に放送された日本テレビの「日本ソダテル検定」の特番では、「東アジアホープス卓球大会」の日本代表選手選考会に出場する輝空君に番組が密着していました。

そら君以外の選手はほぼ6年生で、最大のライバルと目していた選手との激闘は見ごたえがありました。その試合中、お父さんの卓司さんはそら君のコーチとしてベンチには入らず、他の方に任せていました。
その理由を尋ねると「いずれ大きな大会に出ていくようになった時、他の監督の指導を受けることになるので、パパがベンチじゃないとダメ」ということにならないように、今から慣らしているそうです。ハッキリと子供のその先の未来地図を描て、行動してるのが印象的でした。
とは言っても、ものすごく心配だったようで、他の選手のコーチをしながら椅子に座っていても、貧乏ゆすりをずっとしていて、言葉とは裏腹に気になって仕方ない様子が伝わって、微笑ましかったです。
輝空君の優勝が決まった時は、会場の端で男泣きをしたりと熱血で、ストレートな真摯さが、きっと輝空君にもちゃんと伝わっていているからこそ、普段の厳しい練習にもそら君が頑張れるのだと思います。

また、お母さんの由美さんは、昔はお父さんと一緒に厳しくしていたそうですが、最近はお父さんが厳しい分サポートする側に回られて、子供たちの栄養や体調の管理に気を配ることに重点を移したそうです。
夫婦で役割分担をして、叱られた時にどちらかが味方でいることも子育てには大切ですよね。

練習や試合の反省点などを輝空君が毎日ノートに書いたら、お父さんかお母さんのどちらかがその日の内に必ず返事を書いて交換日記のようになっているのも、お互いの気持ちを確認する上でも非常に良い方法です。
厳しい意見以外にも、先に楽しみな約束を書いて、モチベーションをあげたりもするそうです。

また、優勝のお祝いとして、祖父母と一緒に家族で食事に行き、その場で楽しみにしていたゲーム機をプレゼントしたりと、ご褒美をあげることも大切と考えていました。
更に、普段はとっても厳しい孫コーチが、遊園地に誘って、二人だけで一緒に楽しんでいましたが、厳しいだけでなく、優しい愛情を持っていることを形にすることも子供へのメッセージになるのでは無いでしょうか。

3.お母さんの由美さんがせのびーるで知ったヒミツ

お母さんの由美さんが選手時代は一流の選手だったことは既に書いていますが、実は由美さんのお祖父さんは全日本女子の監督も務められた方で、由美さんの両親や兄弟、由美さんのお姉さんも卓球選手というサラブレットのような家系です。そこに、由美さんと卓司さん、そら君たちが加わるのですから、華麗なる一族と呼びたいくらいです。

しかし、いくら遺伝や環境的に素晴らしいものが揃っていたとしても、子供自身の才能ややる気が無ければ、あだ花になるだけかも知れません。
子供の「コレだ!」という才能を見つけたら、真っすぐに育っていくように親がサポートしていくことが一番大切です。
親と一緒になって子供の成長をサポートしてくれるサプリを、松島家ではもう既に始めていると言います。

そら君の食べているサプリ せのびーる はコチラから↓

せのびーるというサプリが最初に気になったのは、お父さんの卓司さんでしたが、せのびーるを飲むようになって子供たちの変化に一番驚いたのは、お母さんの由美さんでした。

せのびーるを飲む前は、輝空君の身長も体も少し小さめなのが気になっていたといいます。

卓球で世界を目指す為には、どうしても背を伸ばしたい

そう由美さんは強く思わていました。
食事だけでは補えないカルシウムなどの栄養を摂れるせのびーるを続けているうちに、身長も伸び始めて、体つきもしっかりしてきたこと。そして、何よりせのびーるを飲む前は、風邪をひいたり、体調を崩すことが多かったのが無くなってきたことに驚いたと言います。練習を休まず卓球に打ち込めるようになったのが大変うれしかった。

これからも子供たち全員に飲ませ続けていきたいです」と力強くおっしゃっています。

由美さんにこうまで思わせたせのびーるのヒミツはどこにあるのでしょうか?

松島輝空君 が卓球で世界を目指すためのサプリ せのびーるのヒミツ

お母さんの言葉通り、輝空君たち4兄妹は全員毎日せのびーるを続けていると言います。

他にも子供用サプリはたくさんありますが、子供がサプリを続ける上で大人と違う点は、真面目に栄養のことや効き目を考えて続けたいと思ってる子供はあまりいないのでは無いしょうか? 最初は新しい事に興味を持って数週間は続くかも知れませんが、次第に飽きてしまって、結局止めてしまったというような子供の体験談も結構多くあります。

子供用サプリは、飲みやすさ・続けやすさが重要なポイントになります。
子供自身が飽きずに、長く使ってくれることで、サプリの真の力が発揮されるのですから、その力が発揮される前に止めてしまっては勿体ないですよね。
せのびーるは、子供たちの大好きなココア味で、一日にタブレットを2個だけ、好きなタイミングで飲むだけでよいのです。お菓子感覚で食べても大丈夫なので、携帯にも便利で、飲み物が無いと飲めないというような付帯的な物は必要なく、子供も親もあまり力み過ぎずに続けていくことが出来ます。

「タブレット2個だけで栄養は大丈夫なの?」と心配される必要もありません。
一日に必要だけど足りていないカルシウムとビタミンDを一緒に摂れて吸収率がアップするだけでなく、16種類のたっぷりの栄養が凝縮してせのびーるに入っているのです。

せのびーるは身長や体格を育てるために、まず骨を強くする必要があります。また、成長ホルモンの分泌に欠かせない栄養をしっかり摂取して、毎日健康で元気に過ごせる免疫力を強化してくれる特別な米ぬか多糖体まで摂れてしまいます。

松島輝空君のお母さん由美さんが「風邪をひかなくなったり、体調を崩すことが少なくなった」と感じられたのは、十分な栄養で成長していると共に、病原菌などに負けない自己防衛力が出来てきたということなのでは無いでしょうか。

身長を伸ばしたい時、もっと丈夫で健康になってほしい時、芽生えた才能を伸ばしてあげたい時に、せのびーるを子供の成長オリンピックの候補として選出してみてはどうでしょう?

せのびーるの詳しい情報はココから→せのびーる情報へ せのびーる情報へ

 

サイトTOP戻る サイトTOP戻る