cup

 

発達心理学では、9歳の壁が存在すると言われています。

子供の成長において、身体の発達は背が伸びたり、体重が増えたりと目に見えますが、精神的な発達、脳の発達は見ることが出来ません。

9歳というと、小学校3~4年生ですが、脳の発達は10歳までがピークで、それ以降は緩やかなものになっていきます。

また、運動や学習では、個々の能力差が顕著になってくる時期です。

自己中心的で具体的だった世界から、客観的・抽象的な世界も見ることが出来るようになり、勉強でもただ暗記するだけでなく、抽象的・論理的に考える問題が多くなってきます。分数や余りのでる割り算や文章問題など応用力が必要な考える力が必要になります。

ここでつまづいてしまうと、勉強が苦手になり、ついていけなくなる子供も出てきます。

9歳の壁を乗り切るには?

転ばぬ先の杖で、早期に幼児教育を始めれば大丈夫というのは、ちょっと間違っているかもしれません。

たとえば、英語に早くから親しませるために英語教室に通わせます。それ自体はとても良い刺激になるし、子供の方が英語の発音が良くできたりすると思います。

ただ、それはコピー、丸暗記する能力が幼児が高いからです。大きくなっても英語がペラペラ話せるようになるわけではありません。

10歳前まで外国で暮らしていた帰国子女でも、その後ずっと日本で暮らしていると、外国語は忘れてしまってほとんど話せないという話もよく聞きますよね。

丸暗記する幼児教育だけでは、9歳の壁を乗り切ることは難しいことも出て来ます。

反対に思えるでしょうが、たくさん遊ばせることが一番なのです。

遊びで学ぶ

asobi01

小さいころに遊びから学べるたくさんのことを無視してしまっては勿体ないです。

子供が好きなように自由に遊ばせましょう。

お絵かき、絵本を読む、パズルをするだけで、子供の想像力が刺激されたり、集中力がつきます。

子供の自主性を大切にして、見守り、時には一緒に遊ぶ、遊んであげるのではなく一緒に遊ぶことが大切です。

遊びの中から自主性が生まれ、考える力も育っていきます。

 

親離れを見守る

幼稚園から小学校と進むにつれて、親よりも友達と遊ぶ方が楽しくなってきます。

子供は自分の中にあるもう一人の自分という抽象的な存在を意識できるようになり、客観的に自分を見れるようになり、社会性も生まれます。

親にとってはちょっと寂しい時期でもありますが、仲良くしたり、ケンカしたりする友達との関係の中から社会性を学んでいくのです。

親もそろそろ子離れを意識するようになる時期ですね。

 

自己解決を促し、失敗も体験する

遊びの中で上手く出来なかったり、挫折することも出てきます。

そこで簡単に手を貸してしまわず、そっと見守りましょう。結局ダメでも、失敗する体験も早い内にすることも貴重な体験です。

失敗しても、どうして失敗したのかを考えたり、もう一度トライする中で、自分で解決していく力がついて、達成感を持てれば、自信につながります。

 

勉強は楽しい

 

9歳の壁を乗り越えられない程高くしないで、自然に乗り切ることが出来れば、勉強することは楽しいと思えるようになり、

勉強が苦痛ではなく、知らない世界が広がるのを知っていく楽しさのツールに変わっていくでしょう。

まあ、楽しいだけでは無い面も当然出てくるとは思いますが、大人になってから、一人で生きていける知識と方法を学び、前に進む力になります。

勉強は学校の間だけではなく、生涯続くモノです。興味があること、知りたいこと、なりたいモノのために勉強できる姿勢を小さい時につちかってあげたいですね。

子供の成長を応援しているせのびーるは、脳の成長に必要な栄養も補い、子供が9歳の壁を乗り切る時にも親と一緒に応援を続けてくれるでしょう。

ただ見守るだけしかできないのも歯がゆい。せのびーるでちょっと子供の成長を後押し出来たら、嬉しいですね。

 

500円モニターはコチラから