海外産と国内産 子どもに安全でかつ効くサプリはどっち?

子供用にサプリメントを考えた時、国内産だと安全という気がなんとなくしますが、それは野菜も国内産が安全で美味しいくらいの軽い感覚で見ているだけかもしれません。有名な海外ブランドの服やバックは良くて、サプリメントはダメというのも可笑しな話です。

kaigai02

最近では、海外産も簡単に入手することができますね。
でも、子供用でと考えた時には、ちょっとためらうのも事実です。
海外産サプリと国内で製造されているサプリの安全性や効くのはどっちのサプリかなどをしっかり把握して、子供に使ってあげましょう。

海外産の中でも、アメリカはサプリメント先進国とかサプリメント大国と呼ばれるくらいサプリメントが充実しています。1歳くらいの子供からでも使えるサプリがあるそうで、日本人としては「赤ちゃんからなんて、本当に大丈夫?」って驚いてしまいますよね。

まず海外産と国内産ではサプリにどんな違いかあるか、アメリカをメインに見ていきましょう。

サプリメントの定義の違いがある

日本でのサプリメントは、医薬品ではなくあくまで「食品」に分類されています。
私が子供たちの健康のために愛用しているせのびーるも、「カルシウム、植物性多糖類含有食品」という名称で、「栄養機能食品」として詳しい成分の表示がされていました。
国内産のサプリは、あくまで栄養や健康を補助するもので、安全性が重視されています。薬のような絶大な効果を想定したものではありませんが、子供の成長の元になる成分が充分に入っています。

せのびーる

一方、海外産サプリは、効果が重視され、準医薬品として認められているモノもあります。
厳しい公的機関による審査を通ったモノだけが厳選され、初めて販売許可が出るようです。

つまり、国内産はあくまで「食品」、海外産は「準医薬品」という違いがあります。

ここで、海外産の方が効くのなら、海外産を使いたいと安易に考えるのは、対象が子供の場合は、もっとよく調べる必要があるでしょう。

海外産サプリは、日本人が対象ではない

大人なら、もう体が出来ていますから、多少の危険は伴っても使ってみるのも悪くないと思います。

ですが、いざ子供が対象になると、難しい問題が出てきます。

kaigai01

同じ成分名でも、全く日本と同じ成分だという保証はどこにもありません。日本では認可されていない成分が入っている可能性も高いです。また、有効成分の含有量が多すぎて、過剰摂取になってしまう危険もあります。

また、よく言われていることですが、アメリカなどのサプリは子供用でも錠剤が大きく、かなり飲みにくいです。
それは、日本人が対象ではなく、一回り以上体の大きい欧米人を対象としているからです。

日本人の子供、つまり自分の子供に、安心して使うには、少しハードルが高いかもしれませんよね。効果だけでなく、副作用の心配も出てくることもあるでしょう。

日本人の子供にあったサプリはどっち?

アメリカ在住の日本人の友達から聞いた話ですが、彼女は日常的にまだ幼い子供にもアメリカ産のいろいろなサプリを飲ませているそうです。
それは、アメリカの医療費が日本とは比べ物にならないくらいバカ高く、病院にかからないためでもあるそうです。つまり、病気にならないようにサプリで健康な体を作り、出来るだけ病院にはかからないためにサプリがあると言えます。
彼女の子供は、問題なく元気に育っているそうですが、それは彼女の子供がアメリカという国の生活習慣に適合しているからとは考えられないでしょうか?

日本とは全く違う生活習慣の中で使われるサプリと、日本で安全に使われるサプリには、違いがあります。

過剰摂取による副作用の心配もなく、一日に必要な分だけを補助してくれるサプリは、長い目で見ると、子供成長をじっくりと安全にサポートしてくれていると言えると思います。

私はアメリカ在住の友達から、海外サプリの情報もたくさん教えてもらいましたが、いいなと思う面より、心配の方が勝りました。
日本に住んでいるなら、その環境にあったサプリを子供に使ってあげたいと思ったのです。

国内産サプリせのびーるで

もし、どちらがいいと聞かれたら、私は国内製造で、安全性もサポートもしっかりしているせのびーるが一番だなと思っています。
皆さんもぜひ、自分の子供に合ったサプリメントを見つけてあげてくださいね。

 

 

せのびーる公式