kakekko

子供用サプリメントというと、身長が伸びることばかり注目されがちですが

脳で成長ホルモンが分泌されることで、運動能力もグンとアップする可能性があります。

ウチの子は親に似てるから運動はちょっとダメかもって、遺伝を意識して諦めてしまうことは、早過ぎるのです。

運動神経は、はっきり言って、遺伝ではありません。置かれた環境によって、運動神経の発達度に差がでるのです。

たとえば、有名なスポーツ選手の両親のどちらかが同じスポーツしていることって結構多いですよね。

その影響でそのスポーツを始めたというエピソードはよく聞きます。

つまりスポーツをする環境が整えられていたんですね。

運動神経は、本当に遺伝しないの?

運動神経の定義って実は、運動能力が優れていることではなく、目、耳など体の器官を使って、スムーズな状況判断ができることで、速く反応し、体を動かす能力なのです。

すばしっこく、人の動きをコピーできれば、運動神経がいいと言えます。

骨や筋肉が十分に成長することも大事ですが、小さい時に体を使う遊びをたくさんした方が、運動する環境が自然に整っていきます。

小さいお子さんなら、公園で友達と駆けっこするだけで十分なのです。

その上、日光を浴びることでビタミンDも生成されて、カルシウムを助けて、骨の成長にもつながっていきます。

運動神経を伸ばすには、どうすればいいの?

noboru

9歳から14歳までが、運動神経の発達にとって、

ゴールデンエイジの期間と言われています。

その前の5歳から8歳のプレゴールデンエイジ期に、いろいろな基本運動を身につけていることが大切になります。

難しい運動ではなく、走る、跳ぶ、投げるなどでいいのです。

楽しく遊びの中で運動する環境を整えてあげたいですね。

ゴールデンエイジ期までに脳からの司令で、素早く適切に動けるような基礎作りをしっかりして

ゴールデンエイジ期になったら、一種類の運動では無く、できるだけ多くの運動をしましょう。

その中で本当に好きなスポーツをお子さんが見つけられれば、自然と運動神経は良くなっていくでしょう。

運動神経をアップさせるためにサポートできることはある?

運動神経が発達していけば、運動能力も高まっていきます。

まず骨を丈夫にすることで、同時に脳や運動神経も成長していきます。

運動をした後は、栄養のある食事や質の良い睡眠をしっかりとることも大切です。

足りない栄養を子供用サプリメントで補うことで、運動する環境は整えられて、運動神経も伸びていくと思います。

バランスよく栄養素がたっぷり配合されたセノビールは、運動神経のアップにも、しっかりサポートしてくれる子供用サプリメントです。

 

500円モニターはコチラから