oyako01

幼稚園くらいまでは、子供の身長もそれほど気にならず、むしろ小さくても可愛い。元気に走り回っていればうれしい。

でも、小学生くらいから、「ウチの子の成長速度って他の子と比べて遅いかも?」って心配になってきたりしませんか?

中学生になると、同級生の子がグンと身長が伸びてて、驚くと同時に、「ウチの子は大丈夫かな?」って、ちょっと心配になったりもすると思います。

十代前半の思春期の頃は、成長ホルモンの分泌がMAXになる時期でもあります。

この時期に最大限に身長を伸ばすためには、何をすればいいのか? とはいえ、反抗期と重なったりするとなかなか大変な時期でもありますが。。。

親がサポートしてあげられることは、何かあるのでしょうか?

 

子供の身長に遺伝は、あまり関係が無い

以前は、身長も親からの遺伝だからと、諦めてしまう風潮がありましたが、遺伝的要素は25%つまり、4分の1くらいしかないと言われています。

同じ兄弟でも身長に差がでることがあるように、遺伝だからと諦める必要はありません。

身長が伸びる伸びないは、生活習慣の質で決まってくるというのが、最近の考え方の主流になっているのです。

 

成長のための質の良さとは?

 

mizutama 栄養のバランスの取れた食事管理
mizutama 良質の睡眠
mizutama 適度な運動と日光浴

この3つの質がそろっていれば、すくすく健康に育ち、身長だって伸びてくれる筈。。。

でも、すべてを完璧に!というのは、かなり難しいし、はっきり言って出来ないかもしれませんが、

努力目標として意識し、心がけることで、成長に良い影響が出てくるのは間違いないでしょう。

栄養バランスの取れた食事管理をするには

骨を作る栄養素として、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛は欠かせません。

更に、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや身長を伸ばしてくれるアルギニンなども摂らないとダメです。

その他にも、必要な栄養素はまだまだ控えています。

一日3回の食事ですべてをというのは、言うのは簡単ですが、かなり困難かもしれませんね。

無理をせず、足りない分は、身長を伸ばすのに効果がある子供用サプリメントで補うのも良い考えだと思います。

 

良質な睡眠とは?

成長ホルモンは一日の間ずっと出ていますが、一番多く分泌されるのが、睡眠に入った後の2時間後です。

副交感神経が睡眠中の体をリラックスさせてくれれば、成長ホルモンはさらに多く分泌され、身長だけでなく、集中力や記憶力など脳の発達にも良い影響が出ます。

小学生までは、大体10時間前後眠るのが理想的。朝にスッキリ目覚められて、一日の活力にもなってくれるでしょう。

生活の中で一定のルーティンとして、睡眠の時間をたっぷりとってあげることが大切になってきます。

 

適度な運動と日光浴の必要性は?

sakura

最近は外で遊ぶことが減ってきている印象がありますが、子供の頃は過度の運動ではなく、適度な運動をすることが身長にも大切です。

運動をしている時にも成長ホルモンは分泌が促されています。

子供の頃は特に縦方向に体を伸ばす運動、なわとびやバレーボールや水泳などの運動が良いでしょう。

まだ小さい場合は、公園で思いっきり追いかけっこをするだけでも十分な運動になります。

休日にプールやアスレチックに連れて行って運動する機会を自然に増やしてあげるのも、楽しく運動出来たりしますね。

日光浴が子供に必要な訳は、日の光を浴びることでビタミンDが生成されるからです。

植物が日の光を浴びてスクスク育っていくように、子供にも日の光は大切な栄養源となのです。

 

最後に、親がサポートで出来ることは何?

 

oyako02

 

睡眠や運動などをしっかりとらせてあげられるように、生活の質を大切にすること。

そして、食事などで栄養をバランスよく摂れるように作ること。

一番はお日様と同じように、たくさんの愛をふり注ぐことです。

もし、そこでまだ足りないと感じるなら、特に栄養面は完璧を期すのは大変難しいですから、子供用のサプリメントで補うのも良い方法でしょう。

子供用サプリメントの中でも、せのびーる(セノビール)は、一日の栄養の中で足り無いものを必要な分だけ補うことが出来るように成分が配合されています。

たくさん過ぎず、必要とされる分だけを、一日2粒で摂取できるセノビールをぜひためしてみてください。

 

 

500円モニターはコチラから