子供がすくすく&ぐんぐん成長していくためには

絶対必要な4大要素があります。

十分な栄養+睡眠+運動+愛情→愛情のこもったサプリメントの活用です。

毎日の食事管理で、栄養バランスを整えよう

kurowassan

「子供の成長は、6歳までの食事で決まる」という学説もあるほど

幼児期の食事管理は大切なことです。

乳幼児期は、あっという間に体重も増えて、身長も伸び、寝る子は育つの言葉通り、体も心も目覚ましく成長を遂げる時期です。

2歳から5歳までの幼児期で、体重は2倍、身長は1.5倍になると言われています。

ミルクでは無くなり、食生活の基礎を築き、十分な栄養を摂っていかなければいけない時期です。

行動も活発になるため、エネルギー消費量も多くなるので、骨や体、そして脳の成長を促すために、不足しがちな栄養を補給していくことも大切になります。

  1. 主食(ごはん・麺類・パン)
  2. 副菜(野菜)
  3. 主菜(肉・魚)

基本のこれらを3:2:1の割合で食べるのがバランスが良いとされています。

摂取したい一日分の栄養素である

タンパク質・脂質・ミネラル・糖質がほぼ含まれています。

これに加え、牛乳や乳製品、果物などからカルシウム・鉄分・ビタミンなど

幼児期に必要な栄養素を加えれば、バッチリです。

質の良い睡眠で、成長ホルモンを出そう

近年は大人と同じように、遅くまで起きている子供が増えています。

ゲームやテレビなどに加え、夜でも明るい生活が子供たちの睡眠を阻害している可能性も高いでしょう。

けれども、子供にとって睡眠は、ただ体を休めるだけでなく脳や体の発達を促す成長ホルモンが多く分泌される時間なのです。

睡眠障害になると、運動や言葉の発達にも遅れが出て、最近よく聞くADHD(注意欠陥多動性障害)やコミュニケーション障害などになってしまうこともあります。

また免疫細胞の活動が促進されず、免疫力が低下するので、風邪をひきやすかったりと、体の抵抗力が失われてしまいます。

適切な睡眠時間とは

  1. 幼児期  13時間前後
  2. 小学校前 12時間前後
  3. 小学生  10時間~11時間
  4. 中高生  9時間前後

と、されています。

また、眠りについて初めてノンレム睡眠(深い睡眠)に入った時が

成長ホルモンの分泌量が最も多いとされているので

眠りやすい環境を作ってあげて、成長ホルモンがいっぱい出るようにしてあげることが必要です。

体に良い適度な運動をしよう

自分が運動神経が悪いと子供にもそれが遺伝してしまうのではないかと心配されている方もいると思います。

JR060_350A

しかし、現代科学ですは、運動神経は遺伝しないという説が有力です。

  1. 骨格や筋肉が未発達である
  2. 脳から神経への伝達指令が上手く伝わらない
  3. 体を動かす機会が減っている

以上、3つの原因が考えられます。

3歳から15歳くらいまでがゴールデンエイジと呼ばれ

子供の運動能力がほぼ決まります。

その間に、小学校低学年までは基本的な運動、高学年までに応用的な運動、

中学生までに身に着けて来たことを向上させる運動に取り組むのが良いとされています。

幼児の場合は、公園でお友達と追いかけっこしたりと元気に走り回るだけでも、十分な運動になっているのではないでしょうか。

小学校くらいから楽しく運動する機会を増やして、お子さんが好きな運動を見つけられるようにしてあげる。

体を動かすことで、成長ホルモンの分泌が良くなり、血行が良くなることで栄養が体に運ばれやすくなります。

また、運動によって、食欲を増進させると同時に、質の良い睡眠にも誘ってくれることでしょう。

見守る愛情 サポートする愛情を持とう

最後に、子供にとって成長に一番必要なモノは

どんな時にも見守ってくれている愛情を確信することです。

両親、兄弟姉妹、祖父母、先生や周りの人たちの温かな愛情によって育まれ、子供は日々成長していきます。

子供に愛情をたっぷり注ぐというのは、簡単なようで難しいことだとは思います。

手をたくさんかけることが愛情では無く、見守ることが大切な時期もあるでしょう。

子供の成長に必要な栄養・睡眠・運動そして、愛情。

それをサポートするのが、子供成長応援サプリメント せのびーるです。

頑張っているけど足りていない時も

今日はちょっとだけ休みたい時にも

せのびーるがお子さんとあなたをお手伝いします。

 

せにびーる500円モニターに参加する